--/--/--(--)

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



2010/09/13(Mon)

外伝「もう一つの旅路の果て」
外伝、みた!!!!!

追記に感想。

お父様との最後の戦いの直後、リゼンブールに戻ったあとの兄弟のお話でした。
ちなみに本編にロイは影も形もない。笑(カラーページと付録にはいたよ!)
あ、全プレのエドの鞄型コミックス収納ケースは買わねば!で、先月号に付いて来たヒュッたんシールを貼らねば。ロイの隣に。締切は10/8。
あとあと鋼チェス板(9800円)も買わねば。締切は10/25。初回特典でヒューズのコマとか付いて来たらいいのになあ……表情違いのエドか……ちっ(正直モノすみません)。

アンダーラインがネタバレです。


「もう一つの旅路の果て」
アルの鎧の、ということかな。

リゼンブールにセントラルからある荷物が届いた。大きな荷物をあけると、そこにはかつてアルフォンス・エルリックのぼろぼろの姿……壊れた鎧が入っていた。
おおおおお、私アルの鎧のことはずっと気になってたんだ…!!!!公式で読めて、嬉しい!
だってアルだったものが、最終回の感じでは多分そのまま放置してしまってそうな気がして。誰かが拾った、けれどその誰かは明らかにはされてないわけで。ロイは目のことで忙しいし、中央軍の人たちやロイの部下でもチャーリー達はきっとアルの身体のことは知らないか、知っててもあまり分からなさそうだし……アルの身体のことを知ってて、ある程度一緒にいた北方軍の人たちかな。オリヴィエとか名のある人々が拾っても面白いけど、名もなき北軍の兵士達が拾って、丁寧に集めて、北へ帰る前にアルの為にリゼンブールに送ってたらいいなあ。とか妄想。

懐かしい鎧を前にアルはウィンリィに頼み事をする。鎧をオートメイルの部品にして欲しい、と。それは一緒に闘って来た鎧だからこその願いだった。残しておいたとしても、倉庫の角屋部屋の隅に置かれるだけ……それは死んでるのと同じだから、と。
アル「こいつが誰かの手足になって生き続けてくれればボクは嬉しい」

アルの考え方、まるで臓器移植のそれを彷彿とさせました。
またもともとオートメイルは筋電義手から発想されたものだというし、牛先生の中では医療がとても身近なのだろうなあ、なんて思ったり。

<アルだった鎧は解体され、熱せられ、鍛冶屋達の手で叩かれていく。叩いたり、曲げたり、また冷やしたり、焼いたりを繰り返すという。アルだった鎧がめためたに叩かれる様子は見てて何だか悲しくなったり可哀想になったりもするけれど。
ウィンリィ「この作業をしないと、固くしなやかな鋼にならないのよ。……強いオートメイルになるよ」

新しく生まれ変わる為に、強くなる為には、一見悲しくなるようなことも必要な作業だというそれは、なんだか鋼という物語全体を示唆しているようでした。もし、エドとアルがその長い旅路で一見悲しくなるような行為をためらっていたとしたら、何かを得る為に別の何かを犠牲にするという等価交換の法則を越えるものはうまれなかったのだから。

アルだった鎧の一部は雑草を刈る為の鎌となってばっちゃんにわたされた。ばっちゃんと二人、庭の草取りをするエドは草むらからアルの鎧の頭部を見つける。荷物がセントラルから届いた日に、デンがイタズラで持ち出して見つからなかった頭部は、ひっくり返され乾いた草が敷き詰められ……みごとな鳥の巣になっていた。巣にはまるでエドたち幼馴染み三人を思わせるような、ひな鳥が三羽、眠っていた。
エド「いい家じゃねえか。早く飛び立って大きくなれよ」

最終回のラストでエドたちもまた、西へ東へ旅立つわけです。自分たちの奪われたものを取り戻す旅から、誰かの役に立つ為の旅へ。エドたちの本当の意味での巣立ちとひっかけてるのかもしれませんね。(なんせエドのプロポーズもありますしね!)
タイトルの「もう一つの旅路の果て」はこのアルの鎧のことかな。誰かのオートメイルになる鎧の果ては終わりでなく新しいはじまりとして続いていく。このひな鳥が巣立ちのようにそれは自然なことで、エドやアルの新しい旅立ちのように、新しい希望を持って始まる。鋼が終わるけれど、それは新しい何かのはじまりだよ、と牛先生に言われたような気がしました。

今後の外伝がどうなるかとか映画情報とかは一切無しなわけで、これで終わり(最終巻コミックスの残り頁数的に)の可能性もあるわけです。それでも最後、と思ったあとの外伝発表だったので、また読めるんだ……!とホントに嬉しい気持ちで一ヶ月過せました。ありがとうガンガン、ありがとう鋼。そして牛先生ありがとうございました……!
まあこの号の売上やら映画への引きやら、そんな大人の事情的にはまだ外伝が描かれる可能性もあるだろうなあと期待はしつつ、(もちろん牛先生が描きたい!と思って描かれるスピンオフとかめっちゃ希望なのですが!ガンガンでなくても関連雑誌とかで、焔の錬金術師の士官学校編とか、どうですか……!!!!!!!!!)いい子で映画を待とうと思います。ロイが出れば、そこには必ずヒューロイ要素があるよ!映画、ロイ出るよね……!あ、もちろん今後もガンガン買い続けますよー。




アニメ雑誌も買ったんでした!おヒゲなロイに会ったよ!私、もうおヒゲ見慣れたよー。もうインパクトなく見られる。笑
アレはアレで可愛いてゆか。だってあれもロイじゃないか……!なんて思うわけですっ。笑

web拍手


 + 





Copyright © 2005- Ivie. / vvv LOVE & BEAUTY vvv Some Rights Reserved.
禁改編、禁転載
No reproduction or republication without permission.
If found, access from your country will be disabled,
and I will have to introduce a password system to my site.






---【Login】
copyright © 2005 Powered By FC2 : Arranged by cadet
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。