--/--/--(--)

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



2010/06/18(Fri)

第61話「神をのみこみし者」/改



国土錬成陣発動とその後、原作の105話の途中~106話の途中まで。
駆け足感想。


*ロイ「皆無事なのか。何があった!」
原作の「……やけに静かだ」なセリフから上記セリフに。
その代わり導入部分で静まり返ったアメストリスをばっちりと描写。音が消えてシーンとした様子が凄かったよ……!

*ホーエンハイム&おとうさま
*ホーエンハイムのカウンター発動
原作と比べると、こちらもセリフがいくつか変更。状況、ホーエンハイムの決意、などが分かりやすくなるように補完されてました。

*ホー「ボンクラ親父だけども、いいとこ見せたくなっちゃうよ!」
このシーン好きだー。
彼らが家族として共に過ごした時間よりも離れていた時間の方が長い訳だけども。ちゃんと家族だよーって感じで。エドとアルの言い方の違いも、いわれたホーエンパパも、皆良かった!

*大総統とランファン
*大総統「やりごたえのある良い人生であったよ」
大総統のなかの賢者の石の力が失われていき、外見がどんどん劣化(老化?)していく様が何ともいえないです。髪の色が失われ、皮膚がぼろぼろになって。漫画と違ってカラーだから一層よく分かる!

*逆転の錬成陣とその発動
逆転の錬成陣の説明、スカーだけでなくホーエンハイムにも語らせてましたねー。分かりやすい!
そいやランファンへの図解をしたスカー!何故チョーク持ってるんだ!自らの血で書くのはえぐかったのかー。

*ロイ「……目をやられた」
このセリフへのアームストロング姉弟の反応!目が見えなければ焔の錬金術師としてのロイを期待出来ない……てのと、目の見えない軍人=退役なのをふまえた感じでいい!

*セリムVSエド
*キンブリー「あなた、美しくない」
セリムの本心とキンブリーの一貫した信念と。家族ごっこといい見下したような態度を取りながらも、死を覚悟した際に思い浮かべたのがブラッドレイ夫妻だった……そんなセリムの本心には驚きましたー。キンブリーは言動も行動も一致してて本当に清々しいなあ。その信念がちと受け入れがたい部分もあるけれど、美学を貫く様子は本当に凄い。だってセリムを邪魔したら自分も消えちゃうのは明らかだろうに、そんなの関係ないんだなあと。あ、そうそうエドも凄かった!

*予告「凄絶なる反撃」
焔の錬金術師のカッコいいとこ来るよー!うわーい!そして、アルが……!楽しみ!



コミックス派の方々には初めての内容ですが、この部分をアニメで最初に見るというのも良いかもしれないなあと。アニメにふさわしい変更や演出、分かりやすくする為のセリフ改変はありましたが、それでいて原作にとても忠実でした。アニメと漫画の両方のいいところを見れるって、素晴らしい!!あとのこり3話、本当に見逃せないよー!

web拍手


 + 





Copyright © 2005- Ivie. / vvv LOVE & BEAUTY vvv Some Rights Reserved.
禁改編、禁転載
No reproduction or republication without permission.
If found, access from your country will be disabled,
and I will have to introduce a password system to my site.






---【Login】
copyright © 2005 Powered By FC2 : Arranged by cadet
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。