--/--/--(--)

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



2010/03/26(Fri)

第49話「親子の情」/改
お前の週頭は一体いつなんだと突っ込まれそうです。ずいぶん遅れましたが49話感想。




追記に感想


Aパートにアルがセリムと一緒に閉じ込められる作戦、Bパートにアニメオリジナルヒュロイシーンとカナマに到着しエドたちと合流したスカー、Cパートに約束の日当日の朝、が描かれてました。いやあ……いいヒュロイでした。そしていいロイでした……!ありがとうアニメ!!!!
Bパートの途中からCパートの最後までの内容はこちらの原作感想でも叫んでる通りですが、こちらではアニメ的なものにあれこれ叫びますー。




*セリム
人相変わっております……ッ!いや、怖い、怖いですっ……!
先週のロイはセリムと似せないようにとでもしたのか?髪型が残念なことになってましたが、これなら今週は大丈夫そう(そういう問題じゃない。

*ホーエンハイム「うん、ゴリウスさんに聞いたよ」
*ゴリ「ダリウスだ」
ホーエンハイムの天然ボケ来たーvVホーエンハイムのこう言うとこが好きなので嬉しいっ!!

*アル「ボクのせいだ……ボクがプライドに捕まったからみんなピンチに……」
*アル「父さんをやり手の錬金術師と見込んでたのみがあるんだ」
プライド=セリムと一緒に暗闇に自分も閉じ込められる方法を提案した責任感の強いアル……!この子はけなげでホント泣かせる。たった15歳だってのに、空っぽの鎧の中には勇気が一杯だよー!!

*ホーエンハイムの術発動、セリムを閉じ込める
原作では一瞬で山を錬成した感じですが、アニメでは意外にゆっくり錬成されていきました。アニメ的効果かな??言葉よりも映像で説明する為か、エドの「速っ!!」とグリードの「でかい!!!」などのセリフがカット。ついでにホーエンハイムの「ちょっとビビった……ドキドキ」もカット。

*グリリンがセントラルへ。
原作ではフー爺さんとランファンの無事を確認後にセントラルに向かって一人消えるのですが。アニメではそれがなかったよー。

*セントラルのスラム
浮浪者風の人々(スカーと顔見知り)が噂するセントラルの動向、ですが。「イシュヴァール人がここ数日セントラルに多数入って来てる」は原作通りですが、その後の原作にない「西の廃ビルあたりにいる」が。これは必要ないんじゃないかなあ。
イシュヴァール人たちは武力で制圧するんじゃなくて逆転の錬成陣をポイントに配置する為にセントラル入りしたわけで。西にもあるであろうポイントには行く必要があるけども、たとえ動乱が起きる前だとしても、動乱勃発後は封鎖される恐れのある西に集結とか、うーん……。変に考え過ぎてるのかな。どなたか解説してくださいっ。

*キンブリー「仕事熱心も程々にしなければ」
おひさしぶりですー。しかしこの人は仕事を言い訳に人殺しを楽しんでるような。

*セリム「確かに人間の中には自分さえ良ければというのもいます。しかし例えばラースの妻のように、大事なものを守る為に自分の命を捨てるものもいる」
*セリム「我々の計画に杜撰などありえない」
原作にあるあれこれをセリフ回し少し変更してました。アルの言葉にむっとするところがいいなあと。プライドを刺激されて腹を立ててる様子が分かりやすい。しかし最後にニヤリと笑ったのが怖かったです……ッ。アニメすごい!

*ヒューズの墓参り中のロイ
はあああああああああああああアニメありがとおおおおおおおおおお!!!!原作にないヒュロイ!ヒュロイ!ひゅろいいいいいい!!!!
大事な用事の前にヒューズの墓参りするロイ萌えっ。いや墓参りなんてもんじゃない、ヒュ-ズに会わなきゃはじまらないんだもんね……!?このシ-ン、自分は昨年11月の鋼フェスティバルイベント内でやった特別ドラマ第一幕「戦友の見た明日」を思い出しました……っ。いやあの、ロイが風になったヒューズとお話して、あれこれ話した後に「大佐」とリザに声をかけられて現実に戻る、というシーンがあるのですよ……っ。(このイベントのDVDは来月末に発売です)
振り返ったロイの満面の笑みにもやられた。なになに、なんなの!あれは!!!(叫
ああああそうだよねえ、この墓参りの後だからこそ、地下にてエンヴィーに「ようロイ」なんてやられたら腹立つわけだよねえ……!!だってロイがどれだけの時を静かに墓の前でヒューズとお話して過して来たと思ってるんだ。もしかしたら毎日に近い頻度じゃないか(だからこそグラマン中将との会合場所にしても怪しまれないわけで)。もはや墓石見るだけでヒュったんの立体映像思い浮かべちゃうレベル。そりゃエンヴィーヒュは偽物にしか見えないよね……!
それにしても、新しいヒュロイシーンがアニメで来るとは……!このシーンを燃料にしたマンガ、そのうち描きたいな……!

*カナマでスカー、ザンパノ、ジェルソ、ヨキ、マルコーとエド、ダリウス、ハインケル他再会
*「あいつらは俺らを見捨てることはないからな」
これこそがエド側とホムンクルス側を明確にわける違い、ですよね。このシーン好きなので嬉しい!

*Cパート、約束の日の朝(夜明け後)
*寝起きのブロッシュ軍曹
弟妹たちに望遠鏡で太陽見るな!と慌てて言ってるのが良かったです。あとあと原作の「ガラス板に煤をつけて~」がカット。この煤をつける、昔は行われてましたが現在では危険とされてるんですよね。

*クーデター、西区のロイ
ロイの近くにいたブラッドレイ夫人、ロングショット時に皺が消えておりました……ミスだと思うけど(もしかしたら省略?)一層可愛い感じで。彼女が大総統と出会った頃はこんな感じだったのかな?と妄想。

*「マスタング以外は撃って良し」
きったああああああああ!!!!内容に付いて言うことは何もない!(原作時に叫んでるから)しかもアニメいいヒキだ!次週が楽しみな感じ!ああそうそうロイの作画が大変素晴らしかったですっっっ。腹立てるロイ!カッコ良すぎる!ありがとおおおアニメええええええ!

*予告「セントラル動乱」
ロイはチャーリーたちイシュヴァール時の部下たちと合流、オリヴィエも動く!見逃せないよ!!!

web拍手


 + 





Copyright © 2005- Ivie. / vvv LOVE & BEAUTY vvv Some Rights Reserved.
禁改編、禁転載
No reproduction or republication without permission.
If found, access from your country will be disabled,
and I will have to introduce a password system to my site.






---【Login】
copyright © 2005 Powered By FC2 : Arranged by cadet
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。