--/--/--(--)

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



2010/03/23(Tue)

第105話「神の御座」2
続きです。

-----------

*絶え間なく聞こえて来る心音に、何らかの異変に気づいたお父様。お父様の中に取り込まれたアメストリス人の魂たちは現在、まだ完全にお父様のものになったわけではなかった。ホーエンハイムは自身の中にあった仲間…クセルクセス人の魂のいくつかを、この日の為にアメストリス各地のポイントに打ち込んでいたという。お父様の体から奪われてしまったアメストリス人の魂をひっぺがす、その為に。
*お父様「それで何が出来る?錬成するにしても円というファクターがなければ力は発動せん」
*ホーエンハイム「円ならあるさ。日蝕によって大地に落ちる月の影……本影だ
*ポイントに配置されたクセルクセス人の魂がそっと呟く。「先に行くよ。ホーエンハイム」
*本影と各地のポイントに配置された魂が反応し錬成光を発し始める。
*魂と肉体は引きはがしてよそに定着するには相当なエネルギーがいるが、元の肉体さえ存在していればその逆は簡単だった。魂を解放するだけで魂は肉体に引っ張られ戻っていくのだ。
*お父様の体からアメストリス人の魂が引きはがされていく。大量の魂がセントラル上空に渦巻き、直後、それぞれの肉体に帰っていった。
*静寂につつまれていた街に音が戻る。息を吹き返したアメストリス人たちは互いの無事を確かめ、意識が飛んでいた間のことを話しだす。
*ウィンリィ「苦しみの渦の中にいるような感じだった…!」
伏線解消&どんでん返しきたーー!鋼のこう言うどんでん返し、好きです。しかも本影で来るとは……!地下道せっせと掘らせたお父様の何倍もスマートでカッコいいよホーエンハイム!
クセルクセス人たちの魂がまた泣かせる……!対話して友人となったホーエンハイムを助けるためだけじゃない、アメストリス人たちが自分たちと同じ目に合わないように、自らの魂で(魂は使われると消滅するのに)術の発動を手助けしてする。これもまたスカーの兄が言ってた正の連鎖というやつじゃないかなあ。
ところで、賢者の石とされてしまったクセルクセス人たちは、石として「苦しみの渦の中に」いたかもしれないけど、そんな状態で救いになることって「人である」と認められることではないかと思います。エドが擬似真理の扉(グラトニーの腹の中)でエンヴィーの賢者の石を使う際に「使わせてもらいます」と声をかけて、声をかけられた賢者の石の魂の一つが消滅する寸前に「ありがとう」と呟いていたし。自分たちを人として認めるホーエンハイムと対話し、最終的にアメストリス人たちが自分たちのような目に合ないようにする方法を選択し、自らの意思によって自分たちをこんな目に遭わせたフラスコの中の小人(お父様)に一矢報いた、クセルクセスの人たち。悲劇だったけれど、少なくともホーエンハイムに取り込まれてしまったクセルクセス人たちは、悲しいだけの最後じゃなかったんだと思いたい。

*アメストリス人の魂を失ったお父様は、 巨大すぎる神の力に振り回され、力を保つので精一杯になり擬似太陽を消滅させた。大きく息を吐き、へたり込むホーエンハイム。両手はお父様のエネルギーに焼かれて黒こげだった。
*しかし休む間もなく、今度は天気を操って攻撃してくるお父様。竜巻とプラズマがホーエンハイムたちを直撃する。総裁が間に合わず、少しずつ後退していくホーエンハイムと進む床の崩壊。ホーエンハイムの後退に合せてメイの支える防御の陣が壊れかける。
<*さらに巨大な力をぶつけられ、一層後退するホーエンハイム。メイの錬成陣ギリギリに崩壊の進んだ床。しかし誰かがその背を必死に支えた。錬金術を使えなくなっているエドとアルだ。驚いた表情で二人を見るホーエンハイム。
*ホーエンハイム「まいったねこりゃ……ボンクラ親父だけど…いいとこ見せたくなっちまうなあ!!」

うおあー!ホーエンハイムカッコいい!何も言うことない!カッコいい!
ボンクラ親父だけど、っていいなあ。
それにしても神を取り込んだお父様は何でもありですね。こんなに何でもありなら、この力を使えば真理に奪われたみんなの体を戻すのだって雑作のないことだと思う……!

*お父様の力を一人で相殺し続けるホーエンハイム、その背を支えるエド、支えながらホーエンハイムの中の賢者の石が付きてしまうと心配するアル、必死に下の防御を続けるメイ、なす術もなく見ているグリード、イズミ、ロイ。彼らは皆スカーを待っていた。
*エド「まだなのか、スカー!!!
約束の日にむけた準備の一つ「カウンター」はもう作動したわけで。残るは逆転の錬成陣ですよ……!
エドのセリフからして、どうやらもとから逆転の錬成陣はスカー担当だった感じですね。スカーの兄の考えたものだし、スカーの仲間のイシュバール人たちが錬成陣のポイントにいることからして、カナマでエドたちと合流する前から(単独でも)そうする予定だったってことかー(このへん、アニメでちょうどやってたんでいい復習になりました。笑)。



もう一つだけ続きます。

web拍手


 + 





Copyright © 2005- Ivie. / vvv LOVE & BEAUTY vvv Some Rights Reserved.
禁改編、禁転載
No reproduction or republication without permission.
If found, access from your country will be disabled,
and I will have to introduce a password system to my site.






---【Login】
copyright © 2005 Powered By FC2 : Arranged by cadet
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。