--/--/--(--)

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



2010/02/09(Tue)

第43話「蟻のひと噛み」その2
シャオメイが黒可愛くてなごみます……っ。

43話感想その1の続き、↓追記にて。

続きです。

*乗っ取られヨキ
笑!!相変わらずヨキはいい感じですv
でもアルがいい人になってた!冗談で別れを言うところでは泣いてたのがメイだけだった原作に対し、あにめではアルまで涙を流してるし、ヨキの「お前らなんか友達じゃない!」に対するアルの「いやだなあ、知り合いだけど友達じゃないよ」とメイの「アルさまクール!(ズギューーーン♡」が省略されてたー。
しかし涙ぐむシャオメイが可愛すぎる……!!!!しかもきゅーきゅー鳴いてるうううううう!反則過ぎましたっ。

*アル「前へ進もう……希望はまだある」
行方不明のエドを心配しつつも、こんなときエドなら相手の無事を信じて前に進むから、と。ああもうホントいい兄弟だよ……!

*スカーとマルコーの行き先
原作で描かれてなかったところが描かれてますねー。別行動をとると宣言しマルコーを連れて行くというスカー。イシュヴァールを否定したこの国をただ憎むのではなく、変える為に行動すると言ったスカーの脳裏には、イシュヴァールの血とともにアメストリスを受け止めているマイルズ。
こうやってスカーは流民となったイシュッヴァールの民たちと連絡を取り、同志を増やし、また一方で再構築の入れ墨のある左手を手に入れたのでしょう(おそらく入れ墨の生体錬成にマルコーが必要だったのでは?と思います)。

*メイとの別れ
いい感じです。
アルが「錬丹術、一段落したら学びにいくよ」と言ってるのが気になりました。原作にないこの言葉を何故ここであえていれたのか……もしかしてこれって、牛先生からアニメスタッフに明かされたその後の展開の伏線だったりしたらどうしよう……っ!!!あわあわ
あとあと、ウィンリィがメイとアルのことをからかうシーンが削られてます。これがアルからリオールでアルはウィンリィとエドとのことからかったと思ってたんで、こちらだけ削ったのは意外でした。主人公中心で考えたら話のすじには関係ないし、ってことかなあ。

*デビルズネストのトカゲ男、ビドー
ここで来たかー!なるほど。グリードがやられてる際も隠れて(←アニメ設定)いたわけですが、ここで勇気を出してグリードを捕まえていると思われる大総統のもとに乗り込もうという決心をしたわけですね。以前は流されるままだったけれども勇気を出したマルコーと同じ回にこれをもって来たのは面白い!

*アームストロング姉弟
はははは!押されまくりの少佐が可愛いv猛々しいオリヴィエ楽しい!彼女がいると画面が華やぎますっ。

*地下の人形兵士工場
地下への入り口の鍵が原作と違いますが、こう言うのも面白いですね(原作は少し時代を先取りしてる感じ)。
「なぜ人を作ってはならないか」に対してしたオリヴィエの答えがまっすぐでした(勿論軍上層部の狙いなど予想のしようもないのですが)。それは軍上層部に対して優等生的な答えでしのごうとしたのではなく、オリヴィエ自身の考え(の様に見えて)、やはり少佐の姉上なのだなあ、と。ここで見たこれが元で、家督を譲り受ける~と話が展開するわけですしね。少佐に図星されてこっそりニヤリとするねーさまが見られますように!

*軍上層部「倫理などというものは時代や個人によって変わるものだ」
おお、確かにその通り!!でもそれ方便に使っちゃダメですよね。
それに牛先生は1000年は前のクセルクセス時代のホーエンハイムに「家族とか仲間とか、そう言うところに俺たち(人間)の幸せはあるの」とまるでヒューズのような言葉を言わせてるわけです。つまり、変わらないものも、あるわけで!自分は鋼のこう言うところが好きです。

*リオールでの再会
ああああああ、アルの目がー!「おやあ?」とかからかう風に言うだけでなく、目が変わったよ!原作ではギャグ絵に目鼻立ちだけリアルなアルがニヤついてましたが、アニメでは頭身はそのままであの赤い光(目)がにっこりとニヤリの中間な感じで細められてましたー。こういうアルを見るとは思わなくてビックリしました(アルって目つきも顔つきも変わらないのに何故か表情分かる、って感じなんで……)。
あ、ホーエンハイムさんもいい味出してましたv次週きっと笑わせてくれる……!

*予告
バリンバリンの全開!原作81話のタイトルは「バリバリの全開」ですが、本編内のエドのセリフは「バリンバリンの本調子全開」。間をとった?笑

web拍手


 + 





Copyright © 2005- Ivie. / vvv LOVE & BEAUTY vvv Some Rights Reserved.
禁改編、禁転載
No reproduction or republication without permission.
If found, access from your country will be disabled,
and I will have to introduce a password system to my site.






---【Login】
copyright © 2005 Powered By FC2 : Arranged by cadet
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。