--/--/--(--)

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



2009/06/09(Tue)

第10話「それぞれの行く先」その3/改





ヒューズとロイの絆が、ロイを前に進めるものだ……というヒューズXデーのお話でした。
羅列の感想、一回では書ききれませんでした……(だらだらずらずらすいません



*冒頭、ロイの「ねずみ算」モノローグ
上のものは下のものを守る、というロイの信念が、いつもの「等価交換」や「人体錬成の禁忌」のナレーションの代わりに入ってました。ロイの軍人としてのありよう、好きです。
あとあと土煙の中から登場するロイ、かっこいい!!

*「この国丸ごと守るには、ネズミの天辺にいかねえとな」
ここの会話もすごく好きです。ヒューズとロイは、これまでも、こんな感じに会話しながら、あれこれ決めてきた気がする。お互いの考えの整理になったり刺激になったり。実力が拮抗したもの同士の関係って萌える。しかも信頼関係が半端なくてようするに親友萌え。てゆか、ヒュロイだから……萌え!

*ヒューズ「なにを威張ってるんだ、お前は」
原作の印象だと笑いながらちゃかす感じのシーンかと思ってました、が。藤原さんは、あの声で、呆れたように、溜息まじりに、おっしゃいました……っ!!!!!ぐわーかっこええ。しゃあねえな、って感じなのか。俺がいねえとな、って感じなのだな。ああああもう、なにこの恋人同士たち!(親友萌えの舌の根の乾かぬうちに

*回想から覚めるロイ「お疲れですか、大佐」
ここのくだりはBLUEに掲載された外伝「それもまた彼の戦場」から拝借した模様。
持って来れるものは持ってきてひとまとめにしてサクサク省略して行く新アニメシリーズですが、BLUEはBLUEで外伝として(だってDVD第一巻初版映像特典が外伝の「盲目の錬金術師」だし)DVD特典でアニメ化してくれますよね、もちろん(……と信じてる。

*回想から覚めたロイ「つまらない思い出だ」
夢と言わずにあえて思い出?と思った直後にOP「この思いを消してしまうには~」ですよ(オープニングのYUI)。なるほど、何というリンク……素晴らしい。ああいや、どうせなら特別オープニングな映像にしてくれても良かったんですが!士官学校、イシュヴァール、それ以後のヒューズとロイがガッツリ出て来る映像とか……!!!
ちなみにOPの「夢の続き~」の「夢」には士官学校のキラキラが相当すると思われます。あの頃は確かに懐かしいけど戻りたいわけじゃない(あの頃からの夢を叶える為に今があるから)、と言うかも知れない。……ヒューズを失う前のロイならば。
(とはいえ、イシュヴァールを経験してるから、案外言うような気もする)

*大総統のズボン
裾折り返してます。原作の正装(礼装)のズボンは別に折り返し式ではなかったはず(例えばロイ)ですが、大総統だけ確認したら、原作もしっかり折られてました。これは足の長さを表しているのか……!(確かに大総統足短い!)(でもロイもあんまり長くはないけど!)

*礼服の色
色が、黒っぽい……!
原作は軍服と同じ青で外見だけ違ってたと思いますが。(外見→ズルズル長い裾+サーベル+胸の徽章とタスキ状の徽章+制帽+革靴)黒っぽいので憲兵さんっぽいです。

*ヒューズ「じゃあパパ行ってきまちゅよ~~~」
これが愛する家族との別れになってしまうんだろうなあ、と分かってしまうからせつない。
ほっぺをぷにぷに、エリシアもヒューズも、かーわーいーいー!そしてあいつらによろしくな、のヒューズが素敵。あとあと振り向かずに手を振るヒューズが素敵。この動作、ロイ相手でも見たかった……っ。

*ヒューズ「リオール、各地の暴動。賢者の石、材料は人間…イシュヴァールでオレたちがやったこと……」
原作内ではヒューズが「なに」に気がついたか、明確には描かれてなかったのですが、北に移動になったファルマンが各地の暴動を地図に書込んで行く段階で気づいたものとおそらく同じ、国家錬成陣?と予測されます。エドの病室で第五研究所にあった賢者の石の錬成陣メモを見てるヒューズが、暴動や動乱の起こった地を結びその形に気がついた……という流れが、原作よりやや分かりやすくなってる印象です。

*アイキャッチ→ヒューズとロイ、背中合わせ!!!
こうくるとは思わなかった……これまで、こんな風に連係したアイキャッチなんて無かったのに……ほろり。ヒュロイの背中合わせの関係に萌えます。萌えますってば!

*ガンガンCM→7月号の表紙
ロイ+マスタン組でしたね!!!ロイがドーーーーンといた!!!……本編にもでてきますように。

*ヒューズ「早くしろ!軍がヤベエ!!!」
このときのヒューズの流れる汗の演出にこっちも汗しました。結末は知ってるのにどきどきした……!藤原さんの演技が、鬼気迫る感じで、すごかった……。




長くなったので、いったん切ります。続きは夜に。

web拍手


 + 





Copyright © 2005- Ivie. / vvv LOVE & BEAUTY vvv Some Rights Reserved.
禁改編、禁転載
No reproduction or republication without permission.
If found, access from your country will be disabled,
and I will have to introduce a password system to my site.






---【Login】
copyright © 2005 Powered By FC2 : Arranged by cadet
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。