--/--/--(--)

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



2009/03/21(Sat)

がんがん4月号/改
やたら長いので要注意

がんがん4月号ねたばればっちり妄想感想。いつもの如く、アンダーラインなしがツッコミです。



第93話「不倶戴天の敵」

題名からしてアレです。……そうか、そうなのか……!

*ライオンに変化し、キンブリーの首に噛み付いたハインケルは、ぐったりしたキンブリーをプライドの鋭利な影への盾にする。
*キンブリーの様子を見て、攻撃を止めたプライド。舌なめずりをしながらアルフォンスに言う。人間はしぶといが、勝つことは出来ない、と。
*「あそこに我らの父上がいるかぎりね」
傲慢に言い放つプライドの後ろ、遥か遠くにセントラルの街並。


プライドやアル達がいるスラムと、エド達がいるセントラル、意外に近い……!セントラル郊外?それもそんなに離れていない……近々合流しそうです。

*攻撃を再開したプライドが、無防備のマルコーに向けて影の刃を伸ばす。そこへ軍用車が飛び出し、屋根の一部を削りながらマルコーを守り、そのままプライド(と側にいたアルフォンス)をはねとばした。運転していたのはヨキ。マルコー、ハインケル、アルフォンスが車に乗り込み、走り出す。屋根や扉を破壊されながらも、プライドの伸ばした影から逃げきったアル達は「お父様」をつぶす為にセントラルへ向かう。
プライド「勇気ある逃げない人間というのは本当に乗せやすい」


プライドのセリフからして、アル達がセントラルへ向かったのはおそらくホムンクルス側の狙い通り?「人柱」をセントラル(のお父様の元?)に集結させる必要があるからかもしれません。
ヨキ、活躍しましたね!笑

*アル達が去ったあと、残されたキンブリーとプライド。血まみれになり地に臥し虫の息になったキンブリーにプライドは言う。
「こんなところで滅びるなんてさぞ屈辱でしょう。でも心配しないで。君は私の中で生き続けられるのだから


グラトニーに引き続きキンブリーまで飲み込んだ(と思われる)プライド。飲み込むことで能力を取り込むプライドですので、キンブリーの腹に仕舞われてた賢者の石だけでなく、彼の持っていた力や知識、もしかしたら姿なども何かしらの形で継承される可能性もあるのでは。それは「セリム」の器(外見)に反映されたりはしないと思いますが、本性(影)になったときに、何かしら出たりするのでは?

*セントラル市街。錬金術でアイスクリーム屋から肉屋へと外装を変化させたトラックでセントラル軍の検問をかいくぐり、中央司令部へ向かうロイ達。しかし、司令部は東西南北全ての門が閉鎖されていた。
ロイ「表の荒っぽいことはブリッグズの奴らに任せてしまえ。我々はあのルートを使おう」


「あのルート」!!!10巻の伏線が回収される時が来たー!
そしてトラックの座席、右にロス元少尉、左にリザと両手に花状態のロイ。笑。それから肉屋の塗装、エドがやったらとんでもないことになってたんだろうな……!もしもリザやヒューズが(ヒュッたんいないけどさ)錬金術使えたら、多分エド的なセンスで錬成してそうです。ロイのセンスが普通で嬉しい。笑

*中央司令部内、崩れた天井と破壊させた壁。遠巻きに取り囲むセントラル兵。痛みから気を失っていた(と思われる)オリヴィエが目を開けると、姉をかばうようにしてた弟(アレックス・ルイ・アームストロング少佐)が、天井に向けて錬成した巨大な円錐でスロウスを縫い止めていた。
少佐「突っ込んで来るのが分かっているのだから、待ち構えていれば良い!」

*動かなくなったスロウスに安心したのか、アームストロング姉弟に近づき、彼らに銃口を向けるセントラル兵たち。
オリ「そう言えば私に銃殺命令が出ていたな」
アレ「それは困ります!!アームストロング家は我が輩が継ぐのですから、手続きをしてから死んで頂かないと!」
オリ「私が死んだら屋敷はマスタングにくれてやることになっている!」


一難去ってまた一難なアームストロング姉弟ですが、緊張感のない掛け合いが楽しいです。
そしてさらっと重大発言してる……?!この発言にどこまで意味があるのか分かりませんが、でももし意味があったとしても、オリヴィエねーさまなら良いか、むしろ幸せにしてもらえるかも、と思えたり。ロイ絡み、オリヴィエ絡みのカプスキーの皆様方すいませんっ。(注意:当サイトはこれまでもこれからもヒュロイです。)

*アームストロング姉弟を取り囲んだセントラル兵たちが、巨大な円錐に縫い止められ、脳髄を貫かれながらも尚生き続けている様子のスロウスに怯んでいると、階下から多数の銃声や悲鳴が聞こえてきた。敵襲(マスタン組)か?と備える兵たちだったが、室内に飛び込んできたのは「お父様」達軍上層部の手で作られた不老不死の兵士軍団だった。銃弾を受けても死なない侵入者に混乱する兵士たち。貴様らに命令を出してる奴が動かしているのだろう、とオリヴィエが言えば、「そのようなこと知らされてない!!」と兵士の悲鳴が上がる。
オリ「我らを撃ち殺してのち化け物の餌食なるか、我らと協力して化け物を討つか、自分の頭で考えろ!!」


ここ、牛先生の信念、テーマが垣間見えるようです(アシスタント希望者も「漫画家志望のみ、プロアシダメ」とおっしゃってたり、北の大地で生き物の生き死にを見て来たとおっしゃるとこから受ける印象と似てる)。また、先生は軍を描きながらも、その軍自体を否定しているようにも思います。戦争の描写もですが、「物を考える兵士」という物は、軍組織にとって歓迎される物ではないはずですから。
今回の「物を考える」だけでなく、「自分の足で立つ」、「誰も見捨てない」などのエドやアルやロイが言っているこれらを成し遂げるような形での、新しい軍や組織、もしかしたら大きな家族のような物もテーマの一つなのかもしれないですね。うん、ねずみの天辺!!

*司令部地下、逃げるメイ・チャンを追うエンヴィー。メイ・チャンの前方に不老不死の兵士たちがわらわらとやってくる。こいつらは賢者の石を注入された人形兵だから、ちょっとやそっとじゃ死なない、というエンヴィー。ならば、こいつらがやって来る元をたどっていけば大きな石があるはず、と人形兵たちが来る方向に向かっていくメイ・チャン。

*「こいつら」がやって来る元=お父様の部屋の扉の前で、人形兵と闘い続けるエド、スカー、ザンパノ、ジェルソ、ゴリさん(名前忘れた)。キメラ的特性や錬成した武器や人体破壊、ナンバ-66の使ってた肉切り包丁で、銃では死なない人形兵たちのの動きを封じる為に足を攻撃し続ける。が、切りなく飛び出して来る人形兵に多勢に無勢の中、エドが人形兵に足をつかまれ、動きを止めら、絶体絶命に。
するといきなり室内に火炎と爆風が起こる。吹き飛ばされる人形兵たち。
ロイ「手を貸した方が良いかね?鋼の」


ロイーーーーーー!!!!!かかかかかかかっ、かっっこええええええええええええ!!!!!!!ああああもうもうもうもう真打ちって、後から登場するんだ、よ、ねーーーーーー!!!!!!うあああ、かっこいいよ!ほんと!!
そいや今回のコートは肩掛けではないのね。アクションするのに、肩掛けコートじゃ邪魔だものね……

*お父様の扉の前、以前ラストと闘った場所でリザの涙を思い出すと笑うロイに「水分は無能になるから大嫌いなんじゃないんですか」と切り返すリザ。しかしロイがのんびりしてる間も闘い続けるエドやスカー達。
スカ「話は後だ、さっさと闘え!」
エド「悠長に構えてんなよ、とっとと手伝え…」
エドが言い終わる前に、ロイの焔が人形兵たちを包みこんだ。十体以上の人形達が焼けこげ、バラバラになる。
ロイ「この程度で手こずっているようではまだまだだな」


ロイの焔ですが、イシュヴァール編で見せてた、街の一角や目の前の人物を爆発のように焼いたものよりも、強力かつ自在に見えます。有能な感じに萌え。そしてロイアイだ。リザ可愛い。可愛いと言えば、むかっとするロイが、めさめさかーわーぅいーぅいー!!息切れしてとてもじゃないけど一気になんて読めない。見開き見るごとにがんがん閉じて息整えてます。心臓が爆発しそう。

*メイ・チャンを追うエンヴィーが勢い良く着地したところ、あしもとがくずれ、メイちゃん共々階下へ落下、するとそこはエド達のいる「お父様」の部屋の前だった。
*ロイとスカーが共にいるのを見たエンヴィーはつまらなさそうに自分勝手な理論を言い放つ。「慣れ合わずにドロドロした物を見せろ」、「ゴミ虫がぎゃんぎゃんわめいてるのがおもしろんだから」、「ニンゲンだって人の不幸や愚か者が踊るのが大好きなんじゃないの?」「だからしょっちゅう戦争してるじゃないの?」と。
ロイ「確かに愚か者が踊ってるのを見るのは愉快だ、特にホムンクルスとか言う愚か者が踊り狂うのを見るのは最高だな!」


メイが合流しました。これで、お父様に対抗出来るカード(錬丹術)がまた一つ!メイに「なぜ帰らなかった!」というスカーは優しい。
一方でエンヴィーを挑発するロイ。口の端っこまげてにやりとする様、ヒューズそっくりだよ……!うん、知ってた!似てないけど似たもの夫婦(?)だとずっとずっと思ってた!

*エンヴィーの質問に答えたロイは、今度はエンヴィーに自分の質問に答えるよう要求する。
ロイ「マース・ヒューズを殺したのは誰だ」


ロイのこの目……。どんな声でどんな気持ちでこのセリフ言ってるんだろう。エンヴィーに質問したロイを、キメラさんたちやエドが、驚いた顔で見てる。驚くような、きっとものすごい声だったんだろうと……想像するだけで泣けてきます。

*犯人はマリア・ロスだと誤摩化すエンヴィーに彼女ではなかったというロイ。無実の人間を生きて焼き殺したのか、と喜ぶエンヴィーは根掘り葉掘り聞きたがる。
ロイ「さっさと事実だけ教えろ、このバカ。ヒューズを殺したのは誰だ?」


バリー、ラスト、大総統、とこれまで(たしか)3人に質問して、三人とも空振りだったロイ。そりゃ、いい加減質問するのも飽きてきたって言いますね。
それにしてもロイがヒューズと言うたびに動機が走ります。

*馬鹿馬鹿言われて切れたエンヴィーは笑い出す。警戒するリザやエド。
エン「おめでとうマスタング大佐、やっとたどり着いたわけだ
ロイ「貴様のようなバカにヒューズがやられるとは思わん」


ロイはヒューズの、ヒューズはロイの、互いの能力を非常に正確に把握してたと思う(でないと並び立てない、任せられない)。欲目も少しだけ入るかもですが。笑
それにしてもどこをどう突っ込んでもヒュロイ。ありがとうございます。もうもうどきどきして、見開きどころか一コマごとにひと呼吸置いて、読んでる……!

*疑うロイに、エンヴィーは言う。その変身能力を使いながら。
エン「バカってのはさあ、こういう手に引っ掛るヒューズみたいな奴のことをいうんだよォ!
エンヴィーが変身したのはグレイシア。顔色が変わるロイとエド。それを見たエンヴィーはおもしろがり、ヒュ-ズを殺したときの顔を、愛する妻の顔をした奴に撃ち殺される絶望の表情を、笑いながら教える。


四巻の、あの場面が。
あの目を大きく開けて、歯を食いしばって、(グレイシアじゃないと)分かってるんだけど、それでもダメ(ダガーを繰り出せなかった)な、あの顔、が思い出されました。最後にヒューズが小さく言った、くそったれ、それから鳴り響く電話のベル、ロイがとった電話の向こうの無音、ヒューズと呼び続けるロイの悲痛な声、まで再現して脳内リピートされて辛かった。
ヒュロイ者にとってそれ(グレイシアの顔をしたエンヴィ-に反撃出来なかったこと)は贖罪だったようにも思えるあの場面、ヒュグレであると同時にものすごいヒュロイ
だと思うのですが、それでもどうしても思い出すたびに辛いことには変わりない……。

*エンヴィーの楽しそうな演説を聴いていたロイは、静かに言う「決まりだ、貴様がヒューズを殺した」その声に驚くメイ・チャンとスカー。悲痛な面持ちで目を閉じてるリザ。
ロイ「その事実さえ分かればよい。もう喋らなくていいぞエンヴィー、まずその舌の根から焼き尽くしてやろう


で、以下次号っ。あおりに「燃え上がる復讐の炎」とありますが焔だよ!
次号、ロイとエンヴィーの決戦と思われます。

人形兵の賢者の石も取り込み、一層強力になったと思われるエンヴィーに対してロイは勝てるのか。燃やし尽くすにしても人数が多過ぎて危険です。ラスト戦を見て知ってるのはリザなので、リザがそのへん皆を誘導出来る?一度ホムンクルス(ラスト)を倒してるロイですので、一応は優勢に見えますが、しかし隣室が「お父様」の部屋なわけで何が起こるか分からない。とくに、「お父様」が例の、アメストリス性の錬金術をいっさい無効にする手段を発動したら、スカーとメイ以外の術が使えなくなり、形勢は一気にひっくり返ってしまうわけで……! 

そして、スカーが、ロイのセリフに目を見開いて驚いてます。復讐のままに国家錬金術師たちを殺してきたスカーに、今のロイはどう映ってるのか……。もちろんエンヴィーはスカーにとっても真の敵(イシュヴァール戦の切っ掛けをわざと作った)ですが。
それからロイ。ロイ……。ロイのブレーキになれるのってヒューズ以外に思いつかない。だからロイの幸せにはヒューズが必要なのに……!



巻頭のポスター裏にあにめ情報で声優さんたちのインタビューが。三木さん、原作ロイの印象を「有能そう」とおっしゃってました。うん、ロイって有能だよね!(笑顔)(でも時々無能なとこもかわいいけど!)藤原さんは「自分と正反対な役」とおっしゃってました。妻も子供もいないし、困ってる人を放っておくし……とのこと。
また、前作に比べ、子供に分かりやすい演出をしてるとのことです。どんな感じなんだろう?三週間後が楽しみです。

web拍手


 + 





Copyright © 2005- Ivie. / vvv LOVE & BEAUTY vvv Some Rights Reserved.
禁改編、禁転載
No reproduction or republication without permission.
If found, access from your country will be disabled,
and I will have to introduce a password system to my site.






---【Login】
copyright © 2005 Powered By FC2 : Arranged by cadet
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。